プロフィール

dokurodan001

Author:dokurodan001
へなちょこの自分と、完璧な自分との対話です。

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2012/02/09 Thu
生命って偶然に発生した訳ではないのですよね?

「生命は、いつ、どこで、いかにして誕生したのか?
その問いは古代から今に至るまで、繰り返し行なわれているものだね。
あなた方の中には、無生物質から偶然が重なって、生命が誕生したと主張する者もいるが、例えば、人体は高度なコンピューターよりも複雑な構造で編成されている。
あなたも、生命と呼ばれるものが、何の意図もなく、奇跡的な偶然を経て、自然に発生したと考えるのかな?
例えば、超絶的な技巧を施した、国宝の木造建築物が勝手に建立すると思うか?
それと同じだ。
だから、この世に偶然などない。
命に関する全ては、私の意思だ。
生命とは、大いなる意思と計画をもって創造された。」

それでは、人類にも、何かしらの役割があるのですね?

「もちろんだよ。
特に人類には、大きな役割がある。
それは、この宇宙の進むべき方向性を決定するという役割だ。」

そんな、役割があるのですか?
では、人は、約束を持って生まれてくるというのは本当なのですか?

「本当だよ。
人は必ず何らかの約束を持って生まれてくる。
だが、その約束を果たすも果たさないも、あなたの意思に委ねられているから自由だよ。
もちろん、あなた方がその約束を果たしてくれるのなら、宇宙は計画通り、あるべき方向に移行していく。
まあ、特にその約束を果たせなくても、今後いくらでもチャンスはあるし、ペナルティもない。
ただ、その約束を果たす為に、必要なものをあなたは、すべて持っている。
例えば、惑星も生命だから、惑星特有の意識があるし、叡智があるのだ。
その叡智を受け取る為、あなたは生まれる時を予め決める。
だから、占星術と呼ばれるものがあるのだ。」

なるほど。
そう言われてみれば、女性は月との関係が深いですよね?

「そうだよ。
もともと、月は地球の一部だった。
太古の時代に、地球の一部が月となったのだ。
聖書におけるアダムとイヴの寓話には、そうした意味合いも含まれているね。
もっとも、そうした教えは、男性優位の思想に、まんまと利用されてしまったがね。」

はあ、聖書に記されている事には、そのような意味も含まれているのですね。
そんな事、今まで考えた事もありませんでしたよ。

「もちろん、出生における、その人の性別も、当人が決める事だよ。」

性別もですか?

「そうだよ。
あなたは、あらゆるものを決めて生まれてくる。
つまり、あなたの目的に応じて、生まれて来る場所も、両親も前もって決めているのだよ。
そして、それを管理している存在が、あなたの先祖である、日本の八百万の神々だ。」

では、私が産まれて来るのに、それだけの存在が関わっているのですね?

「それだけではないよ。
あなたの生には、驚くほどの存在が関わっている。
もちろん、言葉や文字についてもそうだよ。
だから、言葉には霊が宿るというね。
あなたの名前だって、今回のあなたの人生の目的を遂行する為のものだよ。
名付けることを、命名というね。
あなたの名前にも、叡智という生命が宿っているのだ。
あなたを構成するすべてのものが、生命で満ちている。
血統や家系、そして血液型、手相、顔相、その他のすべてが、あなたの約束のサポーターなのだよ。」

それでは、どんな約束があるのですか?

「約束とは縁のことだよ。
両親や兄弟といった家族の縁、親族の縁、友人の縁、職場の縁、あなたの人生における、ありとあらゆる縁が、あなたの約束の一部だ。
約束の内容は、それぞれ違うが、すべては本当の自分自身に帰る為の過程だね。」

では何故、縁と呼ばれるものがあるのですか?

「あなた一人では何もできないだろう?
私は全知全能で、無限かつ無、そして唯一の絶対的な領域に存在している。
絶対とは比較すべきものが存在しないという意味だ。
したがって、私は私自身を知る事ができない。」

それで?

「あなただって、一番の関心ごとは自分自身の事だろう?
それは、私も同じだよ。
あなたを通して私も、私自身を知りたいのだよ。
だからこそ、この相対的な物理次元が存在するのだ。
あなた方は、そう、ジグソーパズルのピースのようなものだね。
それぞれのピース同士なら、自分自身を相対的に知る事ができるだろう?
あなた方は、私の部分なのだが、縁がもたらす経験によって、いずれは全体的な認識に立つ事になる。
私は全てで一つだから。」

では、私も全体なのですか?

「何度もそう言っているではないか。
あなたも全体だよ。
あなた方が、その認識に立てば、パズルは完成する。
つまりは、私に帰るのだ。
ほとんどの人は勘違いしているが、完全完璧の絶対世界は、今のあなたの世界なのだ。
神の世界は、今のあなたの世界だ。
真の意味においては、別の世界など存在しない。」

世界はここだけ?
でも、多くの人は、別次元の世界の到来を望んでいますが・・・?

「今この瞬間に全てが存在する。
だから、ここらで、あがくのをやめさせてあげよう。
あなたは既に完璧な世界に存在している。
あなたは、既に完璧な宇宙なのだ。」

そうだったのですか?

「そうだよ、知らなかったのか?
あなたの宇宙は、どのような方向に向かうのだろう?
とても楽しみだよ。」
スポンサーサイト
Category: 未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。