プロフィール

dokurodan001

Author:dokurodan001
へなちょこの自分と、完璧な自分との対話です。

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2012/11/27 Tue
果たして、嫉妬や妬み恨み、そして争いなどと無縁の平和な世界が、人間などに創り出せるのでしょうか?
もしも、それが可能であるなら、なぜ、今の今までそんな世界は存在しなかったのでしょう?
他の誰かが言うように、誰かや、何かの陰謀の所為なのでしょうか?
ほとんどの人は、メディアや社会といった何かにコントロールされていて、自分の意思を持てなくなっているのでしょうか?
そうしたものを、拒絶し反発すれば、平和になるんですか?
平和は戦って奪うものなんですか?
自分でも、随分おかしな事を言っているのは分かりますよ。
ですが、今までのように、戦って奪い取らなければ、得られないのでは、何も変わらないじゃないですか?
違いますか?
意識の低い人、劣った人、暴力的な人、浅はかな人、欲深かな人を、攻撃し排除すれば、それが平和なんでしょうか?
教えて、下さい。
人は、どのように生きればいいのでしょう?

「大分イラついている様子だね。
もっとも、一度にあなたの質問に答える事は出来ないから、少し順を追って話をしようか。
少し落ち着くといい。
感情がコントロールできない時に何かをするのは、お薦めできないな。
良い考えも浮かばない。
そうだろう?」

そうですね。
少し深呼吸でもしてみます。

「それはいい考えだな。」

落ち着きました。
始めましょう。

「では、聞くが、あなたの考える平和な社会とは何であるのか?」

そうですね、自立して、他人を尊重できる社会です。
コントロールされず、自分の意思を持って生きる人。
そして、国や主義、そしてあらゆる信仰の垣根を越え人々が、仲良く出来る人が築く社会です。
上手く言えませんが。

「ほう、なるほど。
それは素晴らしい社会だね。
もちろん、私は、あなたの言うところの平和な社会を知っているよ。
それは、遠い昔か、未来に存在した平和な社会だな。
誰もが、尊厳を持っており、いがみ合う事もないし、貧困すらも存在しない。
人々は、好きな事だけをやって暮らしているから、不幸もない。
それを生み出す事は果たして、可能なのかどうかを、私に訪ねているのだろう?
結論を言うのなら、それは可能だ。
何か特別な事でも、特に難しい事でもない。
そして、今の地球は、その世界へと向かっているよ。」

では、安心していいのですね?

「もちろん、安心してよろしい。」

では、どうすれば、それを創り出す事が出来るのでしょう?

「それは、創り出す事は出来ない。」

どうしてですか?

「それは、到達するものではないからだよ。
そうあるものなのだ。」

もう少し分かりやすく説明してくれませんか?

「つまり、そうした世界は、国境もないし、集団や民族や宗教の隔たりもない。
実は、そうした世界には宗教も、王と言った権威や国家すらも存在しないのだ。
だから、争う理由もない。
民族の違いや、性別、更に肌の色や、考え方が違うと言って、差別する事もないし、ましてや、人の命を奪おうなどと考えるものもいない。」

それは、理想だと思いますが、可能であるなら、どうすれば、そうした世界が出現するのでしょう?

「断っておくが、私は、理想について語っているのではない。
それは、現実として存在する。
あなたがもし、それを目の当たりにするなら、天国だと感じるだろうな。
そうした社会の事だよ。
どうすれば、その世界は出現するか?
それは、至極単純だ。
あなた方一人一人が、そうあればいい。」

いや、多くの人は、その為に努力していますよ!

「努力は認めるが、それは必要ない。
何故なら、その世界は、必要性のない世界だからね。
前にも言ったが、目に見える世界とは、あなた方一人一人の内面が、反映されたものに過ぎない。
よって、どんなに高度な方式を発明し採用しようとも、あなた方の内面が満たされず貧しいのであれば、そこに自由はないし、平和はないだろう。
だが、嫉妬や争い、そして競う事の意味を理解し、平和に生きるものは、例え監獄にいようとも、自由である。
それは分かるね?」

分かります。
でも、実際自由でないのに、自由のふりをすれば自由になれるんですか?

「自由な者は、どこでも自由なのだよ。
自由とは、好きな事を、ただするだけの放縦さではない。
自分が何をしているのか、はっきり自覚しているからこそ、自由なのだ。
だから、まず、あなたがそうありなさい。
馬鹿にされ、蔑まれようとも、ただそうありなさい。」

しかし、私は自分自身の欲望から自由になれそうにありません。

「なるほど。
では、その欲望とは、どのようなものなのか?」

例えば、褒められたい欲求、豊かに暮らしたい欲求、有名になりたい、人より上に立ちたいと言う欲求です。
どうすれば、私はそこから自由になれるのでしょうか?
しかし、それが可能だとして、例え、私一人が、そうなったとしても、社会はどう変わると言うのですか?

「少なくとも、あなたの世界は、昨日までと違ったものになるだろう。
それで、十分ではないか?
他人を変えようと思うか?
平和に啓蒙が必要か?
他人を変えようとする試みは、ことごとく失敗してきたが、あなたはそれについてどう考えているのか?
それは、欲望ではないのか?
欲望が、この世界に影を生み出しているという事実を無視するのか?
徳や、美は、つまり善なる心は、決して欲望からは生まれない事は理解しているだろう?
だからこそ、それを手放してこそ、人は初めて輝きを放つものだ。
よって、それを手放さない限り、自由や平和は絶対に手に入らない。
逆に言えば、あなたは、平和や自由を手にしているからこそ、その欲求から自由になる事が出来るとも言えるな。」

では、どうして、それを持っていないのに、手放す事が出来るのです?
その努力は無意味でしょう?

「そう。
あなたは、それを手に入れるまで、欲望を追求しなくてはならない。
極論を言うなら、どのような類のものであれ、私以外から生み出される欲望は、すべて悪だ。
だが、私は何故、欲望、つまり悪を創り出したのかと言う事だよ。
あなたは、自分の欲望を追求する。
あなたは、自分の望みを叶えようと、足掻き、挑戦するだろう。
心身ともに疲れ果て、絶望し、最後には、もう十分だという心境になる。
その時、あなたは、既に手に入れていた事に気が付くだろう。
つまり、その欲望は、あなた自身の本当の欲求では無い事に気が付くのだよ。
それは、非常に苦しい体験だ。
だが、自身の闇を体験せず、何故、自身の天国を体験できるのか?」

それが、天国へのプロセスなのですか?

「そう。
人は、誰でも、自身の大いなる光を体験する為に、深い闇も体験する。
夜明け前が一番暗いというのは本当だ。
しかし、あなた自身はなくならない。
最後の最後に残ったものが、純粋さ、情熱、つまり、本当のあなた自身だ。
そうした人達でなければ、この世に天国は創れない。
だからこそ、欲望の中で足掻き、その為に、絶望から抜け出せない人達を蔑んだりしてはならない。
だったら、人が、そこから、抜け出せるように努めなさい。」

しかし、それも一つの、欲望ではないのですか?

「いや、それは、私の欲求でもある。
私の欲求は純粋なものだ。
それ以外は何一つ必要としないものだから。
あなたは、真の王とは、そして真の賢者とは、何かを知っているかな?」

いや、分かりません。

「真の王とは、全てが王であるならと考える者だ。
自分と同じように、他人に対しても、王の尊厳を与える者。
それが、まごう事なき真の王者である。
真の賢者とは、全てが賢者であるなら、と考える者だ。
自分と同じように、他人に対しても自分以外は何一つ持たずに生きていける事を証明させ、励ます者。
それが、まごう事なき、真の賢者なのである。
だから、他人を自分自身に、依存するように仕向けた全ての欲求から、自由になりなさい。
そして、結果についてあれこれ考えない事だ。」

それが天国になるのですか?

「そうだ。
あなたが考える天国は、そうだろう?
天国にいる者は、結果を欲しない。
だから、人に知られず、有名ではないかも知れない。
何もしていないように見えるので、尊敬も、されないかも知れない。
それどころか、蔑まれ罵倒されるかも知れない。
しかし、そうした者だけが、この世に天国を創り出しているのだ。」
スポンサーサイト
Category: 未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。