プロフィール

dokurodan001

Author:dokurodan001
へなちょこの自分と、完璧な自分との対話です。

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2012/08/21 Tue
神と仏の違いを教えてください。

「そうした分断は、私の教えではありません。
本来、神も仏もないのです。」

そうなのですか?

「そうです。
しかし、あなたが、本当に聞きたい事は、私は理解しているつもりです。
では、神について語りましょう。
つまり、神とは、国や民族、更に土地や思想に因るものです。
理解できますか?
従って、あらゆる国家間の紛争、ある集団同士の対立などは、その背景に存在する人々を集結させる意思こそが神なのであり、それによって起る摩擦、つまりこれが神々との戦いと呼ばれるものです。」

それは、どのような小さな摩擦や紛争でもそうなのですか?

「そうです。
もちろん、社会的に影響力が強くなればなるほど、その背後に存在している神も大きな存在です。
それは、個人においてもそうですね。
もっとも、これはイメージなのであって、抽象的なものです。
ですが、事実として、神と呼ばれる概念そのものは、決して自由にはなり得ないのです。」

では、神とは、どのような存在であろうと、皆、不自由なのですか?

「何かに因るものなので、決して自由にはなれません。」

では、これがあなたの教えなのですか?

「違います。
あなたがそう言っているのですよ。」

…分かりました。
では、あなたと、神との違いを教えてください。

「違いなど何もありません。
何故、あなたはそれほどまでに違いを強調するのでしょう?
いいですか、私の教えは一つしかありません。
それ以外は、全て後世の創作です。」

では、それについてお話下さい。

「いいでしょう。
あなたが本当に聞きたがっている事について話しましょう。
私は、何もしなかった。」

え?

「私は全てを許したのです。
自分自身を。
それ以外何一つしなかった。
ですから、それが、私の唯一の教えです。」

では、それが至高の教えなのですか?

「まだ理解できませんか?
至高の教えなどありません。
私は、許す事、それ以外、何一つしなかった。
そして、この輪廻のサイクルから降りたのです。」

では、仏の悟りや宇宙の真理とは一体どのようなものなのですか?

「そんなものはありません。」

そんなものはない?
それがなければ人は迷ってしまわないですか?

「いいですか?
それが在るから、人は迷うのです。
迷っているからこそ、それを求めるのです。」

では、真理を追究したり、悟りを求めるのを止めれば良いのですか?

「何故、止める必要があるのです。」

申し訳ありませんが、あなたの言っている事が理解できません。

「では、聞きますが、私が語る言葉を、理解する必要が、どこにありますか。
私が語る言葉に何の価値があるというのでしょう?
私は何者でもないと言うのに。」

・・・。

「仕方ありませんね。
では、神と仏の概念についてお話しましょう。
神とは、何かに因る者、これは理解できますか?」

なんとか…。

「仏とは、因らない者です。
つまり、どのようなものにも、属していません。
誰の味方でもないし、誰の敵でもありません。
相反する二つの極を同時に持つ者が仏なのです。」

そんな生き方が可能なのですか?

「可能、不可能の話をしているのではありません。
するか、しないかでもないのです。
それは、本当に微妙な生き方なのですから…。
ですが、これだけは言えますね。
あなたが、存在する全ての自分自身を許す事が出来るなら、サイクルは終了します。」

それが死なのですか?

「あなたが言っているのは、肉体的な死についてですか?
そもそも、死などと呼ばれるものが、あり得るのでしょうか?
皆が死ぬと言うから、死ぬような気になっているだけではありませんか?
分からないからこそ、怯えている。
現にこうして、私はあなたの目の前に存在しているというのに。
いいですか、だからこそ許すのです。
それこそが、不滅の教えなのではありませんか?」
スポンサーサイト
Category: 未分類

まっとめBLOG速報 | まとめ【仏陀との問答】

神と仏の違いを教えてください。「そうした分断は、私の教えではありません。本来、神も仏もないのです。

2012/11/02 08:23:57(Fri)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。