FC2ブログ

プロフィール

dokurodan001

Author:dokurodan001
へなちょこの自分と、完璧な自分との対話です。

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2012/07/13 Fri
そう言えば、かなり昔(10年位前)、夜寝ていたら金縛りにあって夢現に十二人の仙人に出会い対話をした事があります。
まあ、だから何だって話ですが、その時言われた事を要約すると、「我々はこの日本の地に道教を伝えた存在であり、この地に我々の叡智を隠したから、お前行ってそれを感得して来い。」との事でした。
そんな事もあって、自分は地元の聖地に異常に詳しくなった訳ですが、今回はそんな崑崙十二大師、つまり崑崙山に住む十二人の仙人ですね。
封神演義と言う小説の登場人物ではありますが、今回は彼らと、お話をしようと思います。
一度に沢山の方とは話せませんので、誰か代表でお願いします。

「では、わしがお相手しようかの。」

あなたは?

「わしは文殊広法天尊。
つまりは、文殊菩薩よ。」

よろしくお願いします。

「ほほ。
久しぶりじゃの。
そなたも健勝そうで何よりじゃ。」

いやぁ、どうも。

「そなたがわしらを呼び出した理由など、言わずともお見通しよ。
我ら仙人が住む桃源郷について聞きたいのじゃろう?」

そうです。
どうして、人間は理想的な世界である桃源郷を創り出せないのでしょう?

「ようやっと、おぬしも我らの意図を理解したか。
そうじゃ、中国より海を隔てた東方にある仙境。
蓬莱、それが、この日本なのじゃ。」

ここが、蓬莱!?
いやいや、余りにも理想とはかけ離れた世界だと思いますが?

「桃源郷を人の意思で創れると思うか?
それこそ傲慢の極みだとは思わぬか?」

お言葉ですが、良い世界を創ろうとする意図がどこが傲慢なのでしょう?

「ほ…。
では、本気で桃源郷を創りたいと考えるか?」

出来れば。

「では、理想は追わぬ事じゃ。
それは桃源郷などではなく、普通の人々が努力して築き上げた単なる理想社会じゃ。」

それのどこが悪いのですか?

「ほほ。
何も悪くは無い。
だが、人が創り上げたものはいずれ崩壊するのが理よ。」

それが社会だと思いますが?

「そうよの。
常に崩壊と争う宿命。
それが社会よ。
とても桃源郷とは呼べぬな。」

むう…。

「ほほ…。
ぐうの音も出ぬか。
尤も桃源郷を創る方法はある。」

いや、何か有効な手立てがあったら教えて下さいよ。
もったいぶらないで。

「馬鹿になれ。
それが答えよ。
下らぬ自我に振り回されぬ事じゃ。」

…。
つまり、創造に人格など必要無いって事ですか?

「ほほ…。
人生を謳歌し、楽しむ事。
それが、おぬしらがこの世に産まれた意味であり醍醐味よ。
そして、それこそが、これからのおぬしらの創る世界。
違うかの?」
スポンサーサイト
Category: 未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。