プロフィール

dokurodan001

Author:dokurodan001
へなちょこの自分と、完璧な自分との対話です。

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2012/05/21 Mon
本日は、日本神界さんのご登場です。
神界のご意見番、常世思金神さんです。
よろしくお願いします。
いやぁ、今日は、金環日蝕でしたね。
昨日、私も日蝕用のメガネを買いに行ったのですが、売り切れでした。
実家の方で見たのですが、もう雲も無くハッキリと見えましたよ。
とりあえず、黒いポリ袋を重ねて見たのですが、いい感じでした。
では、今回の日蝕とは、どのような意味合いがあるのですか?

「ほっほっほ。
相変わらずの様子じゃの。
そなたらしいわ。
日蝕について聞きたいと申したの。
今回の日蝕、あれは、天照大神と須佐之男命の宇気比じゃ。
更に広義の意味での、政権交代じゃの…。」

はあ…。
確かに日蝕って、古代からあまり良い意味としては受け取られていませんものね。
そう言えば、思金神は、天照大神が天磐戸に隠れた際に、神々に智恵を貸したのですよね?
今回は、その時の事についてお聞かせ下さい。

「今の世は、まったくあの時と同じ様相じゃな。
強いもの勝ちの、獣の世になりて居る。
時は重なっておると、申してあろう?
そなたらは、何故、天照が磐戸に隠れた真の理由を知るまい?」

確か、スサノオが高天原で乱暴狼藉を働いたんですよね?
それが原因だと…。

「確かに、そうじゃな。
しかし、スサノオは何故故に荒ぶのか?
スサノヲは根の国へ行く前に天照大御神に会おうと高天原に上った。
ただ遭いたいという、一心での。
しかし、天照大御神は、弟が高天原を奪いに来たものと思い込んで、武装して待ち受けておった。
これが、事の発端なのざぞ…。」

つまり、天照の疑いが発端って事ですか?

「そうじゃな。
主神が弟を疑うなど…。
スサノオが荒れるのも無理なき事よ。」

ははぁ。
でも、結局、神々はスサノオを追放してしまったんですよね?

「それは単なる説話である。
我らは、追放などしておらぬ。」

…ふむ。

「世界の神話は、全て我らの物語ぞ。
日本で起きた事は、世界で起ると聞いた事があろうがな?」

そうですね。

「だが、それだけではない。
閉じこもった天照を磐戸の外へ出すにの、騙して引きずり出す。
それが、本物の天照ではないというのは、道理というものよ。」

欺瞞、そして謀と強制。
つまり、今の世界は偽りって事ですか?

「今、時間はゼロになっていると申してあろう?
我ら日本神界の拠点の一つ、つまり、そなたの故郷で新たな高天原を創り出すのじゃ。
さすれば、我ら神々の肩の荷も下りると言うもの。
そのたの目的を忘れてはならんぞ?」

出来ますかね?

「そなたが、そんな事でどうするのじゃ。
結構な御用して下されよ。
うれしうれしの世を創るのじゃ。
騙し合いや、無理やりのない世界じゃ。
それが、真の天照なのざぞ。」

まあ、そうですね
…やりますよ。
おかしいですよね。
中学の時、ブルーハーツを聴いて、それ以来脳が焼かれちゃったようで、精神がまったく成長してないんです。
まったく、中二病ですね。
…では、本日より「日本神界」始めます。
でも、その為には、あなた方にも協力してもらいますよ?

「当たり前であろう。
我ら、神界も総出を挙げて、三千世界の大洗濯、大掃除をいたして、天下太平に世をおさめて、万劫末代続く、神国の世にいたすぞよ。
これが違うたら、もはやこの世に神はおらんぞ。」

そうですよね。
それが出来なければ、何の為の神だって思いますもの。
少しは役に立ちやがれって所ですよ。

「ほっほっほ。
まさに神をも恐れぬ物言いよの。
だが、そなたに言われるのなら腹も立たぬわ。
もっとも我らは崇拝は好まぬ。
だが、安心せい、必要なものは既にそなたに渡してある。
そなたの意思は、我らの意思でもあるのざぞ。
よって、そなたの行く手を阻む者には、我らとて容赦はせぬ。」

いやいや、お手柔らかに。

「神の力がどんなにあるか、今度は世界の臣民に見せてやらねば収まらんのざぞ。
世界揺すぶりて知らせねばならんようになるなれど、少しでも弱く揺すりて済むようにしたいから、くどう気付ているのざぞ。
ここまで世が迫りて来ているのぞ。」

まあ、私が出来なかったら、他の人がやってくれるでしょう…。

「泣き言を申すでない。
テロやクーデターを起す訳でもないのに、何を言っておる。
偽りない世界を創る事に、何の問題がある?
そなたは、かの地に人を呼び集めるだけで良いのじゃ。
それが、そなたの御用なのざぞ。」

へへ~い。
では…。
皆集まれ~!!
場所は、山梨、奥秩父山塊の麓。
新しい世界を創ろうぜ~!

「ほっほっほ。
これを読んだ者も、それぞれの高天原を創ってもらいたいものじゃ。
必ず我ら日本神界が力になろうぞ…。」
スポンサーサイト
Category: 未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。