プロフィール

dokurodan001

Author:dokurodan001
へなちょこの自分と、完璧な自分との対話です。

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2012/03/21 Wed
この宇宙における人類の役割とは、一体どのようなものがあるのでしょう?

「宇宙の方向性を、自らの意思で、決定付ける事。
つまり、この宇宙を、あるべき方向へと導く使命。
それが、人類に課せられた役割だよ。」

そんな重要な役割があるのですか?
では、それを遂行する為に、どのような能力が人類には備わっているのでしょう?

「神は、自らに似せて人類を創ったと、聖書に記されていなかったかな?
まさにその通りなのだよ。
人類は、神に等しき創造の力を持っている。」

何度か聞きましたが、にわかには信じられませんね。

「あなたが、その力を信じられないのも無理はないね。
確かに、あなたの創造の力には、強い制限がある。
要するに、ストッパーの機能が付いているのだ。」

ストッパーですか?

「そう、あなたは、自らに強い制限をかけている。
平凡さ、つまりそれが、あなたの制限なのだよ。」

平凡さが制限ですか?
では、平凡に生きて何か、問題があるのですか?

「私は何も問題としない。
しかし、あなたにとっては、大きな問題だろうな。
もしも、あなたが、平凡に生きようとするなら、平凡な体験しかできない。
当然ながら、成長も遅々として進まず、凡庸な人格が形成されるだろうね。
だが、平凡である事を放棄した人は、自動的に非凡になる。
よって、並外れた体験をするだろうし、独特な成長を遂げるだろうね。」

では、平凡さとは、どのようなものですか?

「平凡さとは何なのか?
あなたが、平凡である時、それは、醜さであり、不自由であり、混乱であり、軽薄であり、不実であり、偽りであり、そしてユーモアの欠如である。
愛の欠如、つまり、それが平凡さなのだよ。」

では、私は平凡にならず、非凡を目指せば良いのですね?

「いや、残念だが、それは違う。
あなたが、非凡になろうとするなら、その行為こそが平凡さなのだよ。
その意味が分かるだろうか?
だから、決して、あなたは非凡にはなれない。
非凡さとは、努力や才能の類ではないからね。
つまり、非凡さとは、平凡さへの理解と放棄に他ならない。」

なるほど。
自分の平凡さを理解して、それをしないという事ですね。

「そう言う事になるね。
だが、もし、あなたが、自身の平凡さを受け入れたのであれば、同時に、この社会に迎合したという意味を持つ。
要するに、あなたは、あなた自身の恐怖に屈したからこそ、平凡になるのだよ。
したがって、平凡さとは、狡猾さと欺瞞の温床であり、逃避からの葛藤に常に苛まれるものだ。
だからこそ、愛は非凡なのだ。
つまり、非凡さこそが、愛なのだよ。」

では、愛こそが創造の源なのですか?

「そうだよ。
平凡な者は、世界を決め付け、自身の力も、その程度だと思い込んでいる。
つまり、制限のある平凡さでは、創造の力も微弱なのだ。
だが、非凡な者の創造の力は途方もない。
何故なら、枠を超越したところに、非凡さはあるからだよ。
よって、世界を変えるのは、多数の平凡さではない。
常に、少数の非凡さが世界を変える。
それが、宇宙の方向を決めるという事なのだよ。」
スポンサーサイト
Category: 未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。