プロフィール

dokurodan001

Author:dokurodan001
へなちょこの自分と、完璧な自分との対話です。

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2012/03/16 Fri
あなたとの約束には、一体どのようなものがあるのでしょう?

「今、あなたの目の前にある問題が、あなたと私との約束だよ。
目を背けたとしても、いずれそれが浮き彫りになる。
つまり、それが、あなたの挑戦すべき、今世での課題なのだ。」

なるほど。
あなたは、以前、「私は誰も罰しない」と話されました。
では、あなたとの約束を守らないと、どうなるのでしょう?

「約束とは、あなたが自ら挑戦すると決めた課題の事だよ。
私は、それを許可したに過ぎない。
したがって、約束を守らなくても、別にどうという事もないよ。
ただ、私との約束を果たさなかったという事実だけが残る。」

まあ、約束を守らなかった時に罰など存在しないって事は分かりましたよ。
では、逆に、約束を守った時に褒美などは、あるのですか?

「あなたは何故、褒美を欲しがるのかな?
あなたの望みは、全て叶うというのに不思議だね。
全てが叶う、だからこそ、約束を守った時の褒美もない。
つまり、そういう事になるね。
約束を守ろうと、違えようと、人は、いずれ私に帰るのだから、特に問題はないだろう?」

確かにそうなんでしょうけど、約束を守った時に褒美がないのでは、少しがっかりしますね。

「約束を果たした時、あなたが自分自身を誇れるのなら、それが一番の褒美ではないのかな?」

確かにそうですね。
それが一番です。

「人は、生きている限り、必ず困難に直面する。
何故なら、それがあなたの課題であり、私との約束だからね。
だが、それをどう克服するのかは、人それぞれだ。
人によっては、逃避するかも知れないし、またある人は、それを正面から向き合い、乗り越えようとするだろう。
もちろん、どちらも間違いではない。
ただ、それぞれの生き方があるというだけの話なのだよ。」

なるほど。
あらゆる生き方が許されているという事ですね。

「もちろん。
要するに、あなた方の宇宙は、まだまだ試行錯誤の段階なのだ。
あらゆる可能性が存在し、どのような方向に向かうのかは、未だ未知なのだよ。
だが、あなたの住む、この地球も生命であり、その活動を行なっている。
生命なのだから、当然意識も存在する。
そして、自らが、どの方向に向かうのか、既にその意思は既に決まっている。」

そうなのですか?

「そう、つまり、あなた方は、この世界の現状を維持する事が、もはや不可能となった。
あなた方は、地球の転化に否応なしに付き合わされる事になる。
地球で暮らす者は、誰でも、地球との深い絆があるのだからね。
よって、その激動の波を乗りこなす人もいれば、波から落ちる人もいるだろう。」

それって最後の審判的な事ですか?

「いや、私は、誰も裁きはしないよ。
あなた方が、自ら選ぶのだ。
もちろん、その波から落ちたからといって、別にどうという事はない。
だからこそ、私は、あなた方の為に、世界を七つ用意した。」

その世界への移行、それぞれの分岐が今って事ですか?

「そういう事になるね。
だが、どちらにせよ、あなた方は全て救われる。
つまり、あなた方が、何を選ぶのかと言う事なのだよ。
あなた自身の生き方こそが、問題なのだ。」

生き方ですか。
私は、そんな立派な人にはなれそうもありませんよ。

「私は、何も、大それた事をしなさいと、言っている訳ではないのだよ。
どのような事態になっても諦めてはいけない。
あなた方の無限の想像力を眠らせてはいけない。
そう、切言しているのだ。
今、地球の抱えていた闇が、表面に浮上しつつある。
社会に蔓延している鬱などは、その影響もあるのだ。
だからこそ、あなた方は、注目されている。
実を言えば、あなた方の考える以上の、その想像をはるかに超えた数の視線が、あなた方には注がれているのだ。」

それは、前にも聞きましたが、要するに他の惑星の存在達からもって事ですか?

「もちろんそうだよ。
だが、宇宙人とは考えなくてもいい。
地球人であれ、他の惑星の者であれ、誰もが、この宇宙で暮らす、ワンネスなのだからね。
だが、これだけの強い操作がある惑星は、宇宙広しと言えども、この地球以外、どこにもないのだ。
だからこそ、その操作を乗り越えられる強い意思を持った人間が、この宇宙には必要不可欠なのだよ。」

ほう、それを必要としている存在が、てぐすね引いて待っていると?

「そう、これからの、地球は、新しい時代に突入するのだ。
つまりは、宇宙時代だね。
だが、人類が宇宙に進出する為には、様々な存在の許可が必要なのだよ。
あなたは、アバターという映画を観た事があるだろう?」

あります。

「あれは、そういった、宇宙存在からのメッセージなのだよ。
人類が、今抱えている様々な偏見、そして利己的な野心を抱えたまま、宇宙に進出するなら、必ず他の宇宙存在との争いが起るだろう。
それを懸念している者もいるのだ。
何しろ、あなた方は、月に自国の旗を立ててしまう程の文明レベルなのだからね。」

お恥ずかしい限りです。

「事実を指摘しただけだから、気を悪くしないで欲しいな。
つまり、愛があるなら、あなた方、人類は新たな宇宙時代に突入するのだよ。
しかし、そうでないなら、この計画は失敗に終る。」
スポンサーサイト
Category: 未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。