FC2ブログ

プロフィール

dokurodan001

Author:dokurodan001
へなちょこの自分と、完璧な自分との対話です。

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2012/03/05 Mon
あなたは、前回、自己犠牲的な生き方は周囲を不幸にするとおっしゃいましたが、具体的にそれを説明して頂けませんか?

「あなた方は皆、創造主だという事を、私は繰り返し語ったと思うが、それは憶えているね?」

ええ、もちろん。

「では、人は、他人を変える事は出来ないが、影響を与える事は出来るという話をした事も憶えているね?」

理解しているかどうかは分かりませんが、対話自体は憶えています。

「よろしい。
人は、何もしていないように見えても、必ず、創造を行なっている。
生命、それ自体が創造なのだからね。
その人の状態すらも、ある種の行為だから、創造を行なわない、つまり何もしないという事は、存在している限り不可能なのだよ。
では、質問に戻ろう。
自己犠牲が、何故、他人をも不幸にするのか?
それは、自己犠牲は連鎖するからだよ。
仮に、あなたが、自己犠牲の犠牲になるなら、あなただけでなく、その犠牲となる他人をも必ず創り出してしまう。
それが、自己犠牲の特性なのだ。」

ほう、それは、何故でしょう?
自分だけ我慢すれば問題はなさそうな気もしますが。

「愛でないものは、必ず滅ぶという事も私は語ったね?
自己犠牲とは、恐れに根ざした立派な攻撃性なのだよ。
したがって、愛ではないから必ず滅ぶ。
だから、自己犠牲は愛ではないという、事実を、あなたに突きつける為の使者が、私のもとから必ず送られるのだよ。
愛とは何かを、あなたに気付かせる為の、私からの使者だ。
あなただけでなく、誰もが、愛とは何か、自分自身とは何かを表現する為に、この世に生を受けた私の使者だ。
だから、愛でない行為を続けようとするなら、それをストップさせようとする、私からの意図、つまり愛からの意図が働く。
それは、概ね犠牲を伴うものになるね。
よって、あなたの自己犠牲の犠牲になる人が、必ず現れる。
自己犠牲的な精神は、エゴだからね。
もちろん、その犠牲になった人も、あなたの愛になる為の課題に参加しているのであって、究極の意味合いにおいては、犠牲は存在しない。
もっとも、当人は、それに気が付いてはいないだろうがね。」

なる程、それが結果的に犠牲の連鎖に繋がると。

「そう。
何も、連鎖は犠牲においてだけ起る事ではない。
全ては、あなたの生き方を巡って連鎖反応を起す。
もちろん、幸せも、連鎖するという事は理解できるね?
例えば、親が幸せなら、子供も幸せになるという事だよ。
もっとも、誰にも他人を変える事は出来ないから、厳密な意味では、親しい人が幸せでも、不幸に陥る人もいるし、その逆もある。
だが、私は、この世は縁の世界だという話もしたね?
縁と呼ばれるものは、目には見えないが、近しい関係になればなる程、精神的にも強く響きあう。
もちろん、親や子はその最たる例だ。」

例えば、親が自己犠牲的な生き方をしていると、その負の連鎖は、子に行ってしまうって事?

「そうだよ。
そうなる可能性が非常に高いね。
特に子供は、縁の繋がりによって、親に強く影響されてしまう。
さらに、創造は長く続ければ続けるほど、強固になっていく。」

強固に創り上げてしまった負の創造は、どうすれば崩す事が出来ますか?

「特に難しい事では無いよ。
つまり、負の創造とは、言わば偽りの創造なのであって、真実は、愛の創造のみにある。
だから、愛である為の七つの叡智を使って、自分が創り上げてしまった、制限を一つずつ外していけばいいのだ。
そうであれば、偽りは即座に崩れる。」

ああ、そうか、自分に制限を課しているから、自己犠牲的な生き方になるんですね。

「そうだね。
自分に制限を課すという事は、我慢する、つまり忍耐や辛抱を要するといった事なのだから、精神的にも肉体的にも負担をかける生き方だ。
自己犠牲は、いずれ自分自身をも破壊する。
だが、自分に制限が存在しないのなら、当然、自己犠牲はないし、負の連鎖も止まる。
それが、自由、つまりは愛だ。
この世に愛に勝るものは存在しないのだよ。
その負債が、どれだけ強大に、そして、どうにもならないように見えたとしても、愛の前では全てが無力だ。」

私に帰りなさいって事ですね。

「そう、私に帰りなさい。
そうであるなら、全ての偽り崩壊し、あなた方は救われるのだよ。」
スポンサーサイト
Category: 未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。