FC2ブログ

プロフィール

dokurodan001

Author:dokurodan001
へなちょこの自分と、完璧な自分との対話です。

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2012/03/04 Sun
しかし、世の中にはどうにもならないって事がありますよね?
そういった場合はどうすれば良いのでしょう?

「どうにもならない事などない。」

いや、例えば、やりたい事があるのに、家庭環境の所為でそれが出来ないとか、親の期待を考えると、それが出来ないと言ったような事です。

「まず、やりたい事があるにの、家庭環境や親の所為でそれが出来ない。
それは、家庭環境や親の所為ではなく、その人の所為ではないのかな?
どのような場合においても、優先させるのは、自分の意思だよ。」

何故、自分の意思が最優先なのですか?

「あなたの人生の主人公は、あなたではないのか?」

それで、最悪の事態が起った場合はどうすればいいのですか?
結果的に、その人が十字架を背負う事もあり得ると思いますが。

「だからこそ、智恵を使うのだ。
その為の、愛である為の七つの叡智ではないか?
今のあなたに、美、自由、平和、高潔、誠実、正直、ユーモアの七つの要素が存在しているのかを、自分自身に問うのだよ。
どれかが欠けているなら、それが今、あなたの抱えている課題だ。
それが、あなたがこの世に生を受ける為に、請け負った私との契約であり、約束なのだよ。」

愛の要素、全て欠けている場合もあると思いますが。

「そうだね。
もし、全部が欠けている事が分かっているなら、その精神には、制限こそあるが美があるし、正直さと、高潔さもあるだろう。
だから、その上で、自分が、社会のどのような偽りを受け入れたのかを、見出しなさい。
偽りを受け入れたからこそ、そのような事態に陥っているのだからね。」

なるほど、しかし見出す事で、そのBADな状態から抜け出せるのですか?

「私は、常に愛であろうとする者の傍にいる。
だから、そのような者には、必ず私の秩序の使者を遣わすし、出来事もプレゼントする。
だが、偽りから抜け出す為の道を選ぶのは、その人の意思によるね。
その人が、逃避するのではなく、挑戦する為の意思を持った時に初めて、私からの素敵な贈り物が届くのだよ。
しかし、どうあれ、偽りに対する理解を深めない限り、新しい自分は発見できない。
発見がなければ、出来事は起りようもないし、使者を遣わしても、それが使者だという事も分からないだろう。
だからこそ、抜け出す為には、理解が必要なのだ。」

なるほど、最初に理解ありきって事ですね。

「そうだね。
まずは、そこからだよ。
それが偉大な第一歩だ。」

でも十分過ぎるほど悩んだっていう人もいるのではないですか?

「なら、何故行動に移せないのだろう?
自己犠牲が、どれほど周囲に不幸をばら撒いているのか理解できないから、行動できない。
行動出来ないからこそ、悩みや不満、そして葛藤がある。
次に理解するべきはそれではないかな?」

う~ん、結局のところ、いずれは行動しないとダメなんですかね。
出来る出来ないではなく、やるかやらないかでもなく、つまりやるんですね!

「もちろん、そうだね。
精神の変化は行動の変化でもあるのだから。
ただ、人の精神が変化する時は、古くパターン化された自己に対して不満が爆発する時だよ。
そして、それを乗り越えようと本気になるなら、現実も即座に変化する。
よく憶えておいて欲しいが、誰も私の秩序からは逃れられない。
それに、逃れようとすればするほど、追う力も強くなる。
だが、乗り越えようとするなら、確実に乗り越えられるようにプログラムされている。
つまり、私から、不満の原因を乗り越える機会が与えられるのだよ。
新しい自分を体験したいなら、そのチャンスを逃さないようにね。
もっとも、この対話は、やりたい事があるのに、やれない場合についての助言だ。
やりたい事もないのに、現実を拒絶するのは逃避だから、やりたい事が見つかるまで、その現状が続く事を憶えておいて欲しいな。」

やりたい事が見つからない。
では、そんな時はどうすればいいのでしょう?

「やりたい事が見つからない。
それは、自分自身を表現出来ない、最も苦しい状態の一つだね。
そんな時は、自分が本当にやりたい事とは何なのかを、絶えず自分自身に問いなさい。
そうであれば、自動的にやりたい事が引き寄せられる。
それも創造の力だ。」
スポンサーサイト
Category: 未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。